タイ・バンコク移住ダイアリー |バンコク移住者が綴るバンコク生活情報

タイ移住にまつわるあれこれ、バンコクの生活事情・教育事情をお送りします。

【バンコク生活雑記】バンコクから気軽に日帰り旅行してみませんか?サクッと行けるおすすめ観光スポット6選


スポンサーリンク

土日やタイの祝日に、バンコク在住者が日帰りで遊びに行ける観光スポットをピックアップしてみました。思いたったらサクッと行けるところばかりですが、いずれの場所もバンコクでは味わうことができない魅力に溢れた場所です。バンコクに飽きたら、ふらっと近県・バンコク郊外に遊びに行ってみませんか?

f:id:bangkoklife:20180811111352j:plain

バンナムプン水上マーケット&バーンガジャオ

 バンコクの隣県・サムットプラーカーン県プラプラデーン郡は、スクンビットエリアから楽々遊びに行けるおすすめスポット。ローカル色の強い市場「バンナムプン水上マーケット」で食事やショッピングを楽しんだり、緑豊かな「バーンガジャオ」をサイクリンクしたり森林浴したりと楽しみ方は実にいろいろ。

f:id:bangkoklife:20180811123802j:plain

 

プラプラデーンの玄関口となる港までは、バンコク・クロントゥーイにある埠頭からわずか2分!まさに「安・近・短」という言葉がぴったりな1Dayトリップ先です。

 

【バンコク近郊日帰り旅】「安・近・短」が嬉しい!プラプラデーンにワンデイトリップ①

 【バンコク近郊日帰り旅】「安・近・短」が嬉しい!プラプラデーンにワンデイトリップ②

【バンコク近郊日帰り旅】プラプラデーンにワンデイトリップ③バンナムプン水上マーケット編

 

 

ピンクガネーシャ&百年市場

お次にご紹介するのは、ここ数年で日本人のあいだでも一気に知名度が上がった「ピンクガネーシャ」です。ピンクガネーシャがある寺院「ワット・サマーン」まではバンコク中心部から車で約1時間半ほど。日帰りで気軽に参拝に行くことができます。

f:id:bangkoklife:20180811124927j:plain

 

ワット・サマーンから車で15分ほど移動すると人気市場「タラート バーンマイ ローイピー(百年市場)」もあります。規模は小さいですがレトロな雰囲気が味わえて、ぶらりと散歩するにはなかなか面白い場所です。

f:id:bangkoklife:20180811125345j:plain

【バンコク近郊日帰り旅】チャチュンサオ:ピンクガネーシャと百年市場

 

また、下記記事でご紹介しているタイ料理店BAN MAI RIM NAM」も時間があれば是非立ち寄ってみてください。美味しいトムヤムクンが味わえますよ~。こちらは百年市場からは車で5分くらい。

【チャチュンサオ・タイ料理】ピンクガネーシャの参拝ついでにオススメ!「BAN MAI RIM NAM」

f:id:bangkoklife:20180811125922j:plain

 

 

海老の火山焼きとサンプランリバーサイド

バンコクの西隣の県・ナコンパトム県も気軽に遊びに行ける場所としておすすめです。珍しい海老の火山焼きのほか、世界でもっとも高いとされる仏塔「プラ・パトム・チェーディー」など、見どころ・訪れるべき場所がいろいろあります。

f:id:bangkoklife:20180811130852j:plain

海老の火山焼きが人気の町「ナコンパトム」 | TRIPPING!

 

個人的にナコンパトムで特におすすめなのは、観光施設&エコリゾートの「サンプラン・リバーサイド」。緑豊かな園内をサイクリングしたり、伝統文化体験にチャレンジしたりして、大人も子どもも楽しめます。

f:id:bangkoklife:20180811131116j:plain

 

この施設はスクンビット・ソイ49のカフェ「Patom」の経営母体でもあります。施設内のホテルにはPatomのショップもあり、お土産を購入することもできますよ。時間に余裕があれば、ホテルに1泊するのもおすすめです。

f:id:bangkoklife:20180811131517j:plainバンコクからの小旅行にピッタリ!自然いっぱい「サンプラン・リバーサイド」|海外旅行情報 エイビーロード

 

 

お菓子と陶器の島・クレット島

 陶器とお菓子が名産として有名なノンタブリー県・クレット島も1Dayトリップ先としておすすめ。「OTOPヴィレッジ・チャンピオン」と呼ばれる商店街ではショッピングや食べ歩きを楽しむことができます。

f:id:bangkoklife:20180811132308j:plain

f:id:bangkoklife:20180811132411j:plain

 

バンコク中心部からは1時間弱でアクセスできる場所ですが、本当にのんびりしていて私は大好きな場所です。 自動車が一台も走っていない島なので、レンタサイクルやバイクタクシーを利用して島内をのんびり一周してみるのも良いと思います。

 

【バンコク近郊日帰り旅】ノンタブリー県クレット島へぶらり旅のおすすめ

バンコクから日帰り観光で「クレット島」へ | TRIPPING!

 

 

レトロな雰囲気いっぱい!クローン・バーン・ルアン

お次はバンコクのおすすめスポットです。チャオプラヤー川の支流にある「クローン・バーン・ルアン」というエリアは、200年以上も前に運河沿いに作られた水上コミュニティになります。ここも本当にのどかでおすすめ。

f:id:bangkoklife:20180811133417j:plain

 

 

このエリアには 「The Artist's House」と呼ばれる施設がありまして、ここではタイの伝統人形劇を無料で鑑賞することができます。”伝統”とはいえ、演じている若者たちはものすごくフレンドリーですし、内容も難しいものではないので、お子さんでも十分に楽しめると思います。

f:id:bangkoklife:20180811133652j:plain

バンコクで無料で楽しめるアクティビティ | TRIPPING!

(記事中で「The Artist’s House」を紹介しています)

 

 

海の上のレストラン「バンコク・シービュー・レストラン」

最後にご紹介する場所もバンコクです!ご紹介する「バンコク・シービュー・レストラン」はバンコク50区のうち、唯一海に面した区である「バーンクンティアン区」にある海上レストランです。

海上のレストランということで、食事をしに行くためにまずは船に乗らなくてはならず、バンコクに居ながらにしてちょっとした非日常体験ができます。

f:id:bangkoklife:20180811134722j:plain

 

レストランではシーフードをメインとした各種タイ料理を楽しむことができます。絶品とまではいきませんが、素材は新鮮なものを使っているようですし、一定レベル以上の味だと思います。

f:id:bangkoklife:20180811134845j:plain

 

夕方には素晴らしいサンセットを眺めながら食事が出来ますよ。バンコクでは貴重な場所だと思います。

f:id:bangkoklife:20180811135010j:plain

 バンコクで夕陽を楽しめる海上レストラン | TRIPPING!

 

 

まとめ

以上、バンコクから日帰りできるおすすめ観光スポットを6か所ピックアップしてみました。なお、本記事には姉妹ブログや寄稿しているメディアで掲載済みの関連記事URLを参考までに貼らせて頂きましたが、リンク先の掲載内容には、価格など最新のものではない情報が含まれている可能性があります。こちらの旨ご了承いただけますと幸いです。

 

バンコクから日帰り可能なスポットには、他にもご紹介したい場所がまだまだたくさんあります。このまとめは今後も随時加筆していきますね。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村