タイ・バンコク移住ダイアリー |タイ移住者が綴る生活情報

タイ移住にまつわるあれこれ、バンコクの生活事情・教育事情をお送りします。

【バンコク生活雑記】タイの菜食週間「キンジェー」の季節がやってきた!


スポンサーリンク

タイでは毎年太陰暦の9月1日から9日間、「キンジェー」と呼ばれる菜食週間が開催されます。今年(2018年)のキンジェーは明日10月9日よりスタート!キンジェーを示す「齋」「เจ」の黄色い旗やマークが街中に溢れかえる季節がまためぐってきました。

f:id:bangkoklife:20181008132506j:plain

キンジェーとは

f:id:bangkoklife:20181008134843j:plain

キンジェーの由来については諸説あるようですが、元々は2,000年前の中国が起源とされる風習です。

 

9日間に及ぶ菜食週間のあいだは肉、魚、卵、牛乳といった動物由来の食品はもちろんのこと、ニンニクやパクチーなどの匂いの強い野菜や酒、辛すぎる料理、甘すぎる料理などを避けることが推奨されており、華僑・華人の人たちを中心に現在もたくさんの人が実践している風習です。教の教えに基づいた厳粛なキンジェーを実践することで、体を清める意味があると信じられているのだとか。

 

 

現在ではすっかりタイの風物詩として親しまれているキンジェー。この時期のタイでは、飲食店やスーパーマーケット、コンビニエンスストア等で「齋」「เจ」の黄色い旗やマークが多数掲げられ、ちょっとしたイベント的な雰囲気となります(一部飲食店では既に本日からベジタリアンメニューの提供がスタートしているようです)。タイ人のなかには厳密にキンジェーを実践する人もいる一方、イベントとしてこの期間中だけ、もしくは期間中数日だけ等、カジュアルにキンジェーに参加する人も多い模様。皆さんも気が向いたらキンジェーを実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

ベジタリアンレストランMapを公開しています

f:id:bangkoklife:20181008141308j:plain

キンジェー期間中は菜食メニューを提供する食堂やレストランがグッと増えますが、健康ブームが近年続くバンコクには普段からベジタリアンメニューを提供している店、ヴィ―ガン向けの対応をしている店が実はたくさんあります。

 

 

当ブログでは以前からバンコクベジタリアンレストラン情報を下記Mapで公開しております。MSG Freeな店やオーガニックショップなども合わせて公開していますので、ご興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。少しずつ更新している状況ですが、今後もMap掲載店は増やしていく予定です。

Organic and MSG-free restaurants in Bangkok

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村