タイ・バンコク移住ダイアリー |タイ移住者が綴る生活情報

タイ移住にまつわるあれこれ、バンコクの生活事情・教育事情をお送りします。

【バンコク生活雑記】アイコンサイアム(Icon Siam)への行き方(ボート・バス)


スポンサーリンク

東南アジア最大級のショッピングモール「アイコンサイアム(Icon Siam)」がバンコクチャオプラヤー川西岸エリアに先日オープンしました。日本の百貨店・高島屋が中核テナントとして出店しているほか、タイ初のApple直営店「アップルストア」もオープンするなど、話題に事欠かない商業施設ですよね。タイ在住の日本人、タイ好きな皆さんのなかには開業を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?

 

ただし場所が川向こうなだけに、遊びに行くのにどの交通手段を使えば良いのかよくわからない、という方もいらっしゃることと思います。そこで、私が実際に利用した交通手段も含めて、いくつかの方法をご紹介します。

f:id:bangkoklife:20181113152837j:plain

バンコク中心部からのアクセス手段

アイコンサイアムがオープンしたトンブリ地区は、スクンビットシーロム、サイアムといった日本人に馴染み深いエリアからは川を挟んだ対岸に位置します。

 

 

2018年11月現在、バンコク中心部からアイコンサイアムへ行くには複数の方法がありますが、今回は1と2の方法を実際に利用してみました。順にご説明していきます。

1.BTSサパーンタクシン駅から無料ボートに乗船

2.BTSクルントンブリ―駅から無料シャトルバスに乗車

 

無料ボートを使ったアイコンサイアムへの行き方

最初に、サトーン船着場に発着している無料ボートを利用する方法をご紹介します。

f:id:bangkoklife:20181113175842j:plain

 

無料ボートは、BTSサパーンタクシン駅1番出口(2番でも可)を出て直進した場所にあるサトーン船着場(Sathorn Pier)に発着しています。

f:id:bangkoklife:20181113160138j:plain

 

案内に沿って左奥の船着場スペースまで移動します。

f:id:bangkoklife:20181113162814j:plain

 

有料ボートのチケット売り場を右手に見ながら奥へ。

f:id:bangkoklife:20181113171019j:plain

 

写真のアジアティークの看板も通り過ぎてさらに奥へ進みます。

f:id:bangkoklife:20181113171102j:plain

 

一番左奥まで進むと大勢の人が船を待っています。こちらの場所に無料ボートが発着しています。

f:id:bangkoklife:20181113162936j:plain

 

一方、アイコンサイアム側の無料ボート発着所は1番乗り場(アイコンサイアムから川に向かって右端の船着き場)になります。もう1か所、4番乗り場という発着場が左手にあるのですが、そちらはCAT building Pier、Si Phraya Pier、Ratchawong Pier行きの船着場となりますので、間違えないようにご注意ください。

f:id:bangkoklife:20181113173020j:plain

f:id:bangkoklife:20181113173045j:plain

f:id:bangkoklife:20181113163901j:plain

 

無料ボートは新しいだけあってきれいですし、一度に結構な人数が乗船できます。9時から23時まで10分間隔で稼働しているそうですし、何より無料なので、特に急いでなければこの無料ボートに乗るのがおすすめです。

f:id:bangkoklife:20181113164033j:plain

 

 

なお、一般の有料ボートもサトーン船着場~アイコンサイアム間を多数運行しているので、急いでいる場合やタイミングが合う場合はそちらに乗るのもアリでしょう。ただし、ボートの種類によって運賃が異なりますのでご注意くださいね。

 エクスプレスボート:私が乗った下写真のボートはサトーン~アイコンサイアム間15バーツでした

f:id:bangkoklife:20181113164615j:plain

 

下写真の旅行者向けボート・チャオプラヤーツーリストボートもアイコンサイアムに停まりますが、サトーン~アイコンサイアム間は50バーツと割高。ワットアルンなど他の複数の船着場も回れる1日券180バーツを買ってあちこち周遊するならアリかな・・

f:id:bangkoklife:20181113165406j:plain

 

無料バスを使ったアイコンサイアムへの行き方

次に、BTSクルントンブリ―駅前に発着している無料バスの利用方法をご紹介します。

 

BTSクルントンブリ―駅に到着したら、構内に設置された看板に従い、1番出口を目指してください。

f:id:bangkoklife:20181113173400j:plain

f:id:bangkoklife:20181113173455j:plain

 

1番出口を出てしばらく直進すると、無料バスルートの案内看板が設置されています。こちらが無料バスの乗車場所です(案内図にもあるように、アイコンサイアムからクルントンブリ―駅に戻ってくるバスはここではなく、別の場所・4番出口に停車します)。

f:id:bangkoklife:20181113173604j:plain

f:id:bangkoklife:20181113173643j:plain

 

10分ほど待っていると、白いバスが到着。こちらがアイコムサイアムが提供している無料バスです。

f:id:bangkoklife:20181113173919j:plain

f:id:bangkoklife:20181113174111j:plain

 

5分ほど走ってアイコンサイアムに到着!バスということで交通渋滞を懸念していたのですが、驚くほどスムーズに着いてしまって少々拍子抜け(笑)。「SookSiam」という水上マーケットを模した売り場に近い出入口前で降ろされました。

f:id:bangkoklife:20181113174322j:plain

 

この場所に停車していた大型バスを見て初めて知ったのですが、BTSウォンウェイヤイ駅へも同様に無料バスが運航しているようです。

f:id:bangkoklife:20181113174814j:plain

 

アイコンサイアム公式サイトを確認したところ、各バスの運行スケジュール、アイコンサイアムのウェイティングポイントは下記のように決められているようです。渋滞のある時間帯は選択肢としてあまりオススメできませんが、今回の私のように早い時間に利用するならバスもアリかと思います。

  • クルントンブリ駅往復 8~24時に15分間隔で運行・G階出口5
  • ウォンウェンヤイ駅往復 8~24時に30分間隔で運行・G階出口7

 

なお、クルントンブリ駅前で無料バスを待っているあいだ、かなりの数のシーローが走っていましたので、暑い中でバスを待ちたくないという方にはシーローの利用がおすすめです。

 

今後はモノレールが開通予定

以上、無料のボートとバスを使ったアイコンサイアムへの行き方をご説明しました。なお、現在建設中のモノレール「ゴールドライン」が開通すれば、駅とアイコンサイアムが直結される予定となっています。アイコンサイアムの施設内にはモノレール直結口の案内が既に掲示されていましたので(気が早い!)近い将来にはモノレールが無事開通することを願いたいですね。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村