タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

タイ・バンコクの教育事情④(バンコクのインター校選びはなかなか難しい)


スポンサーリンク

久々になってしまいましたが、「タイ・バンコクの教育事情」シリーズ第4弾を今回はお送りします。今回はタイのインター校の学費、ぶっちゃけ高すぎませんか?という嘆き・・をメインにお送りします。

f:id:bangkoklife:20171213111824j:plain

 

授業料値上げは日本人学校だけじゃない

先日よりTwitter等で話題となっている、バンコク日本人学校の2018 年度の入学金・授業料の改定学校ウェブサイトによれば、2017年度は122,000Bだった小学部年間授業料が2018年度は130,000B、中学部の入学金が55,000B→60,000B、年間授業料は130,000B→134,000Bにそれぞれ値上がりするそうです。

 

でも、こういった学費の値上げは日本人学校だけに限った話じゃないんですよね~。実は子どもの学校の転校を真剣に検討中の私。現在、いろいろな学校の情報を集めている最中なんですが、前回学校探しをした2012年頃に比べると、どこのインター校の学費も上がっている印象があります。前回は5年前の話ですし、この5年間のバンコクの物価上昇を考えれば値上げは当然だとは思うのですが、それにしたって高くないかい?と感じているんですよね~(頭が痛いです)。

 

ちなみに、2017年現在のバンコクのインター校の学費ってこんな感じです、という参考に、各校の学費を親切にまとめてくださっているサイトを2つご紹介します。以下のリストに掲載されている学校は、タイのインター校の平均的な学費から比べればたしかにリーズナブルといってよいのでしょうが、いずれの学校も、一般的な日本人の感覚からすればけっして安いとはいえない費用がかかります。

 

学費の安いバンコクのインター校

バンコクでインター生向けに家庭教師をされている安藤様が、バンコクで学費がリーズナブルな学校をまとめてくださっています。掲載されている金額は中学1年生で編入することを想定した金額とのこと。日本人にはありがたいまとめですね!

http://tutorinbkk.web.fc2.com/myprofile/index24.html

 

Top-20 cheapest international High Schools in Thailand

”International Schools in Thailand! The Guide”というサイトが、授業料がリーズナブルなインター校20校をピックアップしている記事です。こちらは2017年12月時点の情報ということなので、最新の授業料と思って問題なさそうです。ただし、この一覧に掲載の金額はあくまで授業料のみであること(これ以外に入学金や諸費用が追加される)、リストにある学校には地方にある学校も含まれている点にご注意ください。

Cheapest international high schools - School Guide Thailand

なお、このサイトの別のページでは、高額の学費が必要な学校も含め、学校の一覧を掲載してくれています。学費をまとめて見れるのですごく便利です。

Tuition Fees of High Schools - School Guide Thailand

 

”International Schools in Thailand! The Guide”の上記記事にも書かれていますが、私がバンコクのインター校選びにおいて、まず難しいなと感じるのは、「学費が高い学校が良い学校とはいえない点」。費用が高いところが単純に良いとはいえない一方、安いところには安いなりの何かがあるのが実情。学校選びにおいては、内容をじっくり吟味する必要があります。予算に限りがある場合、自分たちの希望に100%合う学校はまず見つからないと思いますが、そのなかで何を優先し何に目を瞑るのか、見極めと決断が本当に難しい・・。

 

学校見学を再スタートします

教育の質と費用が比例しているとはいえない点に加え、判断が難しいなと思うのは、入学・編入時の質が今後も一定レベルに継続するわけではない、という点。日本や他国で子どもを学校に行かせた経験が無いので、これがタイ特有のことなのか、それとも各国共通のことなのかわかりませんが、入学時と数年在籍した後では、経営方針の変更や先生の大幅な入れ替わり等によって、学校が大きく変わってしまう、ということが普通にあるようです。駐在員のお子さんが短期間通う場合はそれほど心配が要らないと思いますが、卒業まで、もしくは5年、10年といった長期間にわたって在学を予定している場合は、これって大問題ですよね。

もちろん良い方向に変わってくれる場合もあると思うのですが、そうでない場合は、現在の私のように転校を検討するケースが出てくると思います。

 

また、子どもの年齢が小さい場合は、生徒側のニーズの変化も当然起きます。我が家も今の学校に入学した段階と、5年経った今では、学校に求めるものが親も子どもも大きく変わりました。我が家の場合は、あと2年ほどは今の学校で良いかな~と親の私は思っていたのですが、子どもが転校を強く希望するようになったため、急きょ転校を検討しはじめた次第です。

そんなこんなで、数年ぶりに学校探しを再開することになった私。せっかくなので、前回以上に学校見学も色々なところに足を運んでみようと思っています。

 

 

☆タイの学校事情について過去記事もよろしければ☆

bangkoklife.hatenablog.com

bangkoklife.hatenablog.com

bangkoklife.hatenablog.com