タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

冷房はドライアイの大敵!タイでドライアイ対策


スポンサーリンク

ここ数年、ドライアイに悩まされています。長年コンタクトレンズを使用してきたのに加え、タイに来てからエアコンの風に当たる機会が増えたことも影響しているのではないかな?と思っています。

f:id:bangkoklife:20170608095118j:plain

冷房を多用する生活はドライアイの大敵

タイで生活していると、エアコンが効いた室内で過ごさなくてはいけないことがどうしても多くなってしまいます。エアコンを多用すると室内がどうしても乾燥しがちになるので、ドライアイ持ちは要注意なのだそうです。

 

私おすすめの市販の目薬

ドライアイの症状が重くなってきた場合は、他の目の病気も心配ですし、迷わず眼科へ行くようにしているのですが、普段は市販のドライアイ用目薬を使用して症状を緩和しています。

 

私の一番のおすすめはアメリカの通販サイト「iHerb」で購入できるSimilasanの目薬。使い捨てタイプということと、非常に穏やかな使い心地が気に入っているのですが、1箱に20本しか入っていないのですぐに使い切ってしまうんです。送料がかかるし、他に注文したいものがあることやiHerbの送付重量制限が厳しいことを考えると、常にこれを使い続けるのは難しい・・。

jp.iherb.com

 

ということで、BootsやWatsonなど、タイのどこの薬局でも手に入る、アルコン社の「Tears Naturale Free Lubricant Eye Drops」を日常的に使っている私。

f:id:bangkoklife:20170608104339j:plain

防腐剤不使用の使い捨てタイプということで、タイで市販されているドライアイ用の目薬のなかでは比較的穏やかなものなのではないかと思います(私が通っている眼科でもドライアイの診断が下った際はこの目薬が処方されています)。

f:id:bangkoklife:20170608105923j:plain

 

なお、薬剤師さんから英語やタイ語で説明を聞くのはちょっと不安という方には、日本語対応薬局の「ブレズ薬局」さんでの相談が便利かと思います。私も利用したことがありますが、日本語で薬の説明を聞くことができると安心感が違います。

タイ、バンコク中心地にて日本人通訳常駐の薬局を2店舗運営中!ブレズ薬局【BLEZ PHARMACY】

f:id:bangkoklife:20170608105430j:plain

 

目を温める

そのほかの対処法として、私が日常的に行っているのが「目を温める」こと。

まぶたの縁には「マイボーム腺」というものがあり、皮脂を分泌することで通常は涙の蒸発を防いでくれているのだそうですが、加齢によってマイボーム腺は詰まりやすくなってしまうそうなんです。目を10分程度温めることで、マイボーム腺の詰まりを軽減し、ドライアイの症状も少しは楽にできる、という説を聞いて以来、私もPC作業の合間には意識的に目を温めるようにしています。

 

その際に使用しているのが、「HERS」というアロマアクセサリーブランドのアイパッド。電子レンジで温めてから目の上に乗せて使います。肩に乗せるタイプと一緒に使っているのですが、これで10~15分温めるだけで全然違います。

f:id:bangkoklife:20170608112739j:plain

私はこの商品を年2回開催されるギフトフェアで見つけてきたのですが、似たような商品はタイのあちこちで見かけます。ドライアイにかぎらず、目の疲労にお悩みの方にはおすすめのアイケアグッズです。