タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

タイの旧正月・ソンクランがやってくる!


スポンサーリンク

旧正月ソンクランを来週に控えたタイ。一年でもっとも暑いこの時期、タイは水かけ祭りで盛り上がります。

f:id:bangkoklife:20170407125414j:plain

 

ソンクランとは

ソンクランとはタイの旧暦の新年を指します。毎年4月13・14・15日がソンクランの祝日と決まっていますが、今年2017年は16日が日曜で、17日が振替休日となったため、13~17日は5連休となっています(一部地域では時期をずらして開催されているようです)。

 

ソンクラン期間中には仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、尊敬の念を込めて実家の両親や祖父母の両手に聖水を注いだり、といった伝統的な風習が元々あるのですが、それが転じて、街中で水をかけ合うお祭り騒ぎな「水かけ祭り」が生まれてしまったとのこと・・。

 

4月の上旬~中旬には世界中から多くの人々がこのイベントを目当てにタイを訪れます。私が住んでいるシーロム界隈は水かけのメッカといわれる地なので、毎年この期間中には近所を歩く観光客の数がぐっと増えますね~。ちなみに2017年のソンクラン期間中にはタイの6つの主要空港に500万人以上の到着が見込まれているそうですよ。凄すぎる。

ソンクランの水かけの様子はこちらをどうぞ☆


THE CRAZIEST SONGKRAN EVER! (HD)

 

一方、在住日本人はというと、この期間の休暇を利用して日本に一時帰国したり、タイ国内外に旅行をする人が多いです。私はというと、移住して最初に迎えたソンクランは街中の水かけに参加したのですが、その時ヒドイ目に遭ったのに懲りて、それ以降はどこかに旅行避難するか、バンコクに居る場合は自宅に籠るようにしています。

 

2017年のソンクラン

毎年、シーロム・カオサン・RCAといった場所で大いに盛り上がるソンクランですが、2017年は少し様子が違うものになりそうです。というのも、2016年10月のプミポン前国王のご崩御からまだ1年が経過していないということで、お祭り騒ぎ的な活動は極力控え、ソンクランの伝統的な部分にもっと焦点を当てましょうという動きがあるからです。カオサンでは今年はステージイベントは開催されない事が決定しているほか、期間中の深夜12時以降のパーティーやイベントの禁止を政府が呼びかけるような話もここ数日で出ており、今年のソンクランの盛り上がりはどうなるのか?気になるところです。

また、今週に入り、カオサンに近い場所で小型爆弾による爆発事件が起きているのもちょっと嫌な感じがします・・。何事もなくソンクランが無事に過ぎてくれればなと願うばかりです。

 

今年も水鉄砲を買いました

街中での水かけには参加しない我が家ですが、息子の学校のイベントで水かけ遊びをやるので水鉄砲は購入します。

f:id:bangkoklife:20170407135904j:plain

この水鉄砲ですが、この時期しか使わないものなのに、たった1、2回の使用で毎年確実に壊れてしまうんです・・。今年購入したものについては未使用の状態で既に壊れていました(笑)。購入した当日に気づいたのですぐに交換をしてもらいましたが、Tescoで水鉄砲を購入される方は、購入後にお店のトイレで水を入れてチェックされることを是非おすすめします(笑)。再度お店に足を運ばなくてはいけないのは面倒なので・・

 

 

 タイにお住まいの方には今日あたりからソンクラン休暇が始まるという方もいらっしゃると思います。皆様どうぞ楽しいソンクランをお過ごしください^^