読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

タイ・バンコクで英語を学ぶ<大人編>

バンコク生活 移住

スポンサーリンク

海外への移住を決めて、まず思ったのが「英語を勉強しなきゃ!」ということ。日本では日常生活で英語を使う機会がほとんど無く、移住を決める以前には30代で英語をもう一度勉強することになるとは全く想像していなかった私。そんな私のタイ・バンコクに来てからの英語学習の軌跡をちょっと振り返ってみます。

f:id:bangkoklife:20170406003539j:plain

こんな方法で英語を学びました

語学学校に通う

バンコクではこれまで下記の語学学校にお世話になりました。

上記の学校は先生の国籍も学校の特色も各校さまざま。来ている生徒さんの国籍も日本人がほとんどというところもあれば、タイ人の若者が多い学校も。4校とも共通していたのは、受講したのがグループレッスンだったということと、会話重視の授業内容だったということぐらいでしょうか。

 

また、私の夫も来タイ後しばらくは下記の2つの学校で英語を学んでいました。

夫の場合ですが、ネイティブスピーカーの先生との会話を中心に授業を進めるBerlitzよりは、「イヤでも英語が身につく」と巷で言われているカランメソッドを採用したWALENでの授業のほうが自身に向いていたそう。WALENに通ったことで英語力が劇的に伸びたと今も感じているようです(実は私もWALENには体験授業を受けに行ったことがあるのですが、自分には合わないなと感じ、入学には至りませんでした)。

 

この記事を書くにあたり、各校でのネイティブスピーカーの先生との当時の授業について、夫と私で振り返ってみたのですが、先生の話の聞き役に回ってしまうことが多かったねと・・夫も私も同じことを反省しました。当時は自分たちの言いたいことを十分話せなかったというのも大きいのでしょうが、先生の話に相槌を打ってばかりということが少なくなかったような気がしています・・。ネイティブスピーカーの先生との授業が英語力向上に役に立つのは間違いないと思うのですが、自身のスピーキングレベルによってはなかなか難しい部分もあるのかなと思います。ちなみに私の場合はタイ人の先生から英語を学んだ経験もあるのですが、タイ人の先生のほうが「話を引き出そう」「話をさせよう」としてくれる熱意が感じられて私には合っていましたね。

 

学校や先生との相性は人によって感じ方も違いますし、学校が採用している学習メソッドにも合う合わないがあると思います。1回の体験授業だけではわからないことも多いので、学校選びって難しいなあとつくづく思いますね~。当分は学校に通う予定は無いのですが、もしまとまった時間が今後取れる機会があれば、体験授業で断念したカランメソッド方式の学校を是非試してみたいと思っています。

 

Skype英会話で学ぶ

タイに来て便利だなと感じたのがSkype英会話。酷暑の時期や大雨が降るなかで徒歩や電車で学校に通うのって面倒くさいですが、Skype英会話なら自宅から一歩も出ずに授業を受けることができます。日本でも少しだけ受講したことがあったSkype英会話ですが、タイに居ると有難みが全然違うなと思いました(笑)。

 

私が実際に受講したことがあるのは下記の3社です。

2017年4月現在の1か月あたりの受講料ですが、ラングリッチは1日25分のレッスンを毎日受けて月額6,000円、レアジョブは月額6,780円となっています。

また、DMMは現在キャンペーンを行っているようで、初月のみの割引適用となりますが、1か月2,750円(税込)と格安(1か月経過後は月額5,500円)。各社とも毎日きちんと受講するのであれば安いですよね。25分という授業時間の短さには物足りなさを感じますが、苦手な発音の矯正を集中特訓してもらったりといった使い方もできますし、便利なサービスだなと思います。各社とも先生によって力量の差があるのは否めませんが、3社とも熱意がある先生もたくさんいらっしゃいましたよ。

 

空き時間を利用した自習

現在ですが、語学学校には通っておらず、自習のみで細々と勉強を続けています。英語学習に使える無料サイトやアプリがたくさんある便利な時代なので本当に助かってます。下記は私がよく使っていてオススメのサイトです。

 

  • BBC Learning English

http://www.bbc.co.uk/learningenglish/

イギリスの公共放送BBCのサイトです。特に「6 Minute English」というセクションがおすすめ。軽めで面白い話題が6分ほどにまとまっていて、楽しくリスニングの練習ができます。私はアプリで聴くことが多いです。

 

www.bangkokpost.com

Bangkok Post紙が運営する英語学習者向けのサイトです。タイの旬な話題を英語で紹介してくれています。レベル別に記事を選ぶことができるのですが、例えば「Easy」レベルだと短く記事がまとまっており、英語の長文を読むことやリスニングにあまり慣れていない方でも学習に取り組みやすい仕様となっています。また、タイにお住まいの方なら、タイの身近なネタや日本語ニュースサイトで見覚えのある話題が出てくるので取り掛かりやすいと思います。

 

今後は・・

いつになるかはわかりませんが、今後タイ以外の国への再移住も検討しているので、細々とではありますが英語の勉強は今後も続けていきたいと思っています。日本に帰る気が無いので、もっと本腰を入れて勉強しなくてはいけないというのが本当のところなのですがなかなか・・(苦笑)。言い訳しないで頑張らないとです。

今回は<大人編>としてこれまでの自身の英語学習をさくっと振り返ってみたのですが、英語力ほぼゼロで移住し、現在は英語をメインとした教育環境で学んでいる息子の英語学習体験についても<子ども編>として近々書いてみようと思っています。

 

 


 にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村