タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

子どもの日本語学習について


スポンサーリンク

今回は子連れ海外移住者にとっては悩みの種となりがちな「子どもの日本語学習」について書いてみます。個人的にも悩みが尽きないトピックです。

f:id:bangkoklife:20170227175041j:plain

日本語をどこまで勉強するか

バンコク日本人学校以外の学校に子どもを通わせる場合、日本語学習については家庭で地道に続けていくことが必要になります。NISTなど、一部のインターナショナルスクールには日本語教育にとても力を入れている学校もあるようですが、そういった学校の数はそれほど多くはありません。

将来的に日本に帰る予定があるのか無いのか、想定している進学先はどうなのか等、各家庭の事情によっても異なる話ではありますが、これが正解といえるものが無いだけに、どの家庭でも一度は頭を悩ませる問題ではないでしょうか。

 

タイの日本語補習校

チェンマイプーケットにはそれぞれ日本語補習校があるそうです。

プーケット日本人補習授業校 - プーケット日本人会-Phuket Japanese Association

 ではバンコクは、というと、残念ながら日本語補習校が無いんです。インター校に通う日本人のお子さん、両親が日本人と外国人という組み合わせのお子さんがたくさんいるバンコクなのになんだか意外ですよね・・。

 

その代わり、ボランティアで子どもたちに日本語を教えている下記のサークルがあるそうです。

ameblo.jp

授業料は無料だそうです。インター校や現地校に通う5~13歳の児童を対象に、国語や理科、社会などを教えているそうです。

場所:BTSサパーンタクシン駅から徒歩3分

開講日:毎週土曜10:00〜12:00

 

バイリンガルの子どものための日本語同好会 – タイ国日本人会

 現地校、インター校に通う子供たちが、楽しく日本語・日本文化に親しめるよう、保護者が中心になって設立し運営している同好会だそうです。毎年3月に新規参加者を募集しているそうです。

場所 :日本人会本館(BTSチョンノンシー駅から徒歩1分)

開講日:第2、4土曜日10:00〜11:30(4・10月除く)

 

海外でも受講できる子ども向け通信講座

海外在住でも受講可能な日本の子ども向け講座を利用するのも、本人にやる気があれば有りかなと思います(うちはダメでした)。家庭でコツコツやる必要があるので、お子さんが小さい場合は親のサポートが必要ですね。

 

  • こどもチャレンジ・進研ゼミ

おなじみ進研ゼミ。教材が毎月送られてきて、添削課題を提出して・・というもの。国内で受講するのと同じ教材で学習できるようです。

www.benesse.co.jp

 

こちらもおなじみ、老舗のZ会。国語教育に力を入れており、日本に帰国しても困らない学力を身に着けることができるというのが強みだそうです。EMSで毎月教材が届くそうです。

www.zkai.co.jp

 

  •  ドラゼミ

小学館の通信講座ドラゼミも海外受講可能です。教材を自宅に届けてくれる通常コースに加え、インターネットで受講できる「ドラゼミグローバル」というコースがあります。「ドラゼミグローバル」は2週間のお試し受講ができます(我が家の息子は合わなかったようで申し込みは断念)。

www.shopro.co.jp

 

我が家の日本語教育は・・というと

 我が家の息子は上記のサークル等には通っておらず、いまは通信教育等も受講していないので、日本語学習は家庭で私と行うのみ。以前は漢字の書き取り練習や国語の問題集をやったり、日本語の本を読ませたり、家庭でもいろいろやっていたのですが、最近は本人の日本語学習意欲が低下する一方・・。2年くらい前からは紀伊國屋書店に行っても和書コーナーに足を踏み入れることは無くなってしまった息子。そんな息子に日本語を無理矢理やらせるのもなんだかな~と思い、ここ最近は静観しているダメ母です(笑)。

 

私自身の体験からなのですが、好きなこと・興味があること+語学を一緒に学ぶというか、楽しむのが一番無理がないのかなと思い、昨年から自宅で日本語のテレビ放送を観ています。

JTV-union - 在タイ邦人のための互助会

 

バンコクでは様々な日本語TV視聴サービスがありますが、我が家が利用しているのは「JTV-union」。テレビ1台なら月会費1,500バーツで 30日間分の録画機能も利用できるのでなかなか重宝しています。息子はNHK教育の小学生向け番組やディズニー・チャンネルのドラマ等をよく観ているようです。また、民放のドラマも子どもが観れそうなものを私と一緒に観ています。私がニュースなどを観ている横で「〇〇ってどういう意味?」といった質問が息子から来ることもあるので、まあ何もしないよりは良いのかなと(笑)。

親としては言葉を知るというだけではなく、日本の生活習慣や季節感などを知る機会にもなればいいかなと期待しているのですがどうなんでしょうね。今しばらくは静観し、本人が自然に日本の漫画や映画などに徐々に興味を持ってくれて、それが日本語学習への意欲につながればいいかななんて思っているのですが甘いかな?本人と将来のことや、日本語学習の意義について相談しつつ、今後の日本語学習について引き続き考えていけたらなと思っています。