タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

タイの中国正月(春節)


スポンサーリンク

西暦のお正月(1月1日)、中国正月、ソンクランと お正月が3回あるといわれるタイ。日本に住んでいるときは日常生活で中国正月を意識する機会はほとんどありませんでしたが、中華系の方が多く住むタイに来てからは中国正月が非常に身近なものになりました。

f:id:bangkoklife:20170130134305j:plain

 2017年の春節

タイではベトナムシンガポールのようにお休みにはならないものの、街のあちこちで中国正月を毎年盛大に祝います。特に中華街の祝賀イベントには多くの人が集まり大賑わいとなるのですが、今年は2016年10月のプミポン前タイ国王のご崩御を受け、行事自体が中止となってしまいました。中華街のイベントが中止だし、今年の中国正月はあまり賑やかな感じにはならないのかな~と思っていたのですが、各商業施設やルンピニ公園等では祝賀行事が華々しく開催されたようです。

 

写真はBTSプロンポン駅前、商業施設エンポリアムの前で撮ったもの。夜はとってもきれいでした!駅通路を挟んで反対側のエムクオーティエ前にも巨大竜が飾られ、イベントが連日開催されていたようです。

f:id:bangkoklife:20170130133926j:plain

 

エムクオーティエ1Fでは映画館「Quartier CineArt」のラッキードローが開催されていました。誰でもお年玉袋を引けるというので家族で挑戦したところ、フリーチケットとBuy1Get1Freeチケットを見事ゲット。周りの人たちもフリーチケットを当ててる人がたくさんいましたよ~。太っ腹なお年玉です。

f:id:bangkoklife:20170130134132j:plain

また、10月以来、服喪のために黒服を着た人が目立ったバンコクの街でしたが、週末は中華服を着用した人をたくさん見かけ、街に久々に色が戻ってきた感じがしました。

 

 息子も中華服着用

うちの息子が通う学校には中華系の生徒さんが多いため、学校でも春節のイベントが毎年開催されます。その日は国籍に関係なく生徒全員が中華服を着用して登校しなくてはなりません。

f:id:bangkoklife:20170130141220j:plain

うちのこどもは育ちざかり真っ只中なのですが、昨年購入した中華服が今年はまさかのパッツンパツン・・。イベント前日の夕方に慌てて市場に買いに行くはめになりました(笑)。なんだか毎年中華服を買っている気がするんですけど・・。

今回は子ども用で一番大きいサイズを無事購入できましたが、果たして来年の春節にはまた着ることができるのでしょうか・・。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村