読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

タイに住んでみて良かったこと


スポンサーリンク

タイに移住してあっという間に4年が経ちました。

実際のところ、タイでの生活ってどうなんだ??ということで、移住5年目の今、私が感じていることを書いてみたいと思います。

 

f:id:bangkoklife:20160710015023j:plain

 

 

バンコクに住んでみて良かったこと

日本に居たときよりも交友関係が広がった

日本でも良き友人たちに囲まれてとても恵まれていた環境だったとは思うのですが、こちらに来て色々な国や地域から来た人たちと知り合う機会を得ることができました。日本ではどうしても同年代、同じ趣味嗜好の人と固まりがちだったのですが、こちらで出会う人たちは年齢も出身国もバラバラ。東京で仕事をしていたらなかなか出会えなかったような面白い人たちに出会うことが出来たのは幸運なことだなと思っています。

 

 また、在住日本人についても同様で、日本でサラリーマンをやっていた時には知り合う機会が無かったであろう人たちとのつながりが出来たり、なかなか面白いです。ただ、日本人社会と進んで接点を持とうとしていない私ですら「日本人社会は狭いなあ」と思うことが多々。これがスクンビットエリアに住む駐在の方とかだったら、私が経験しないような気苦労なども多いのかな?と勝手な妄想が・・。

 

在留届を提出している人に限っても、在タイ日本人の数は6万5千人弱(2016年2月時点)にのぼるそうで、数字だけ見ると多いなあって思いますが、バンコクの日本人社会が思っている以上に狭いことは間違いないかなと思います(笑)。悪いことはできないですね~。

 

子どもの教育面でのメリット

これは後日ブログにしっかりと書きたいと思っているテーマ。

 

日本(東京)と比べると、教育環境の選択肢がものすごく多いので、悩む時間は多いし、学校に入学してからも「ここでよいのか?」という疑問が常につきまといますが、なにぶん途中修正(退学・転校)も日本よりも全然簡単なので(笑)。まあ子どもの様子を見つつ、今後のことを継続して考えましょうという感じで我が家はやっています。

 

現在息子が通う学校については生徒の構成が多国籍で、日常的に多様な文化を肌で感じることができる環境だと思います。いわゆる日本的な価値観が通用しない部分も多くあるけど、息子のキャラクターには非常に合っている学校と出会えたので我が家はラッキーだったのでしょう。語学の習得はもちろんですが、幼少期にいろいろな人たちのなかで揉まれて欲しいと願っていたので、現在の環境には非常に満足しています。

 

チャレンジングな人生も悪くないかも?

海外への憧れは心の奥に持ちつつも、現役世代のうちに海外移住するとは全く思っていなかった夫と私。本人たちにとっても移住は人生の急な転機だったわけですが、「移住したいんで会社辞めます」宣言は周囲を相当驚かせたみたいで・・。特に新卒入社以来ずっと同じ会社で仕事をしていた夫に対しては、「宝くじが当たったからアーリーリタイアするんじゃないか?」という噂が社内で立ったほど(今もこの噂を信じている人がいるらしい笑)。まあ、当然のことだと思います。

 

周りの人たちから見ると「アホじゃないの?」って思われた(思われている)かもしれないですが、現役世代の海外移住もなかなか悪くないですよ?って私は言いたいです。海外では日本で培ってきたことが役に立つ部分も勿論ありますが、役に立たないことも多い。また語学ひとつ取っても最初からやり直し。いい歳してわざわざ苦労をしなくても、と人によっては感じる部分だと思いますが、日本にいたら確実にやっていなかったであろう勉強に手を出したり、新たな知識を得ることは新鮮だったりします。我が家は日頃中華系タイ人とお付き合いさせて頂くことが多いのですが、年齢や他人の目を気にせずに色々なことに貪欲にチャレンジしている人が周りに多いんですね。そういう人たちに刺激を貰っている部分も大きいのかも。

 

もっと若い時に海外に来ていたらと思うことも勿論ありますが、この年齢での海外生活だからこそ見えてくるものもあるだろうし、その発見を自分の現在進行中の子育てにもフィードバックできる部分があると思うのです。

 

良いことばっかりではないタイ生活

自分なりに思うタイ生活のメリットを思いつくままに書いてみたのですが、こちらでの暮らしはもちろん良いことばかりではありません!移住前に想定していたことと違った、移住当初の思惑が外れた、犯罪に遭遇した等、あらま!ということは色々あります。こちらでの生活は東京での暮らしと比較したら間違いなく刺激にあふれています(笑)。次回の記事ではそのあたりを書いていけたらなと思っています。

 

*********************************
ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
*********************************