タイ・バンコク移住ダイアリー

タイ・バンコクへの移住のあれこれ、バンコク生活について

タイの中国正月(春節)

西暦のお正月(1月1日)、中国正月、ソンクランと お正月が3回あるといわれるタイ。日本に住んでいるときは日常生活で中国正月を意識する機会はほとんどありませんでしたが、中華系の方が多く住むタイに来てからは中国正月が非常に身近なものになりました。

f:id:bangkoklife:20170130134305j:plain

続きを読む

田村耕太郎氏が来タイ・子どもの教育についてセミナーを開催するそうです

 元参議院議員田村耕太郎氏が来月、バンコクでファミリー向け講演を行うそうです。「インター校か日本人学校か?~教育で悩む両親は必受講!世界で通じる子どもの育て方~」というテーマで講演を行うのだとか。

 

f:id:bangkoklife:20170123204351j:plain

続きを読む

2017年1月14日はタイのこどもの日でした

日本では端午の節句である5月5日に制定されている「こどもの日」。タイでは毎年1月の第2土曜日と決まっており、2017年は先日1月14日がこどもの日でした。この日は街のいたるところで子どもたち向けのサービスやイベントが実施されます。

 

続きを読む

タイで過ごすクリスマス!2016年クリスマスに向けての情報を集めてみました

人口の95%が仏教徒といわれるタイですが、首都バンコクでは例年この時期になるとクリスマスに向けたデコレーションやイルミネーションを目にするようになり、日本同様にクリスマスムードを満喫することができます今年はプミポン国王のご崩御に伴い、例年に比べると自粛モードなのかしら?とも思うのですが、先週あたりからちらほらとクリスマス向けのデコレーションを見かけるようになってきました。

今回の記事では12月に楽しむことができるバンコクのクリスマス関連情報を集めてみました。もしよろしければご参考になさってください^^

f:id:bangkoklife:20161130143151j:plain

続きを読む

タイ・バンコクの教育事情③勉強がなかなか大変です・・

以前に「タイ・バンコクの教育事情」と題して、学校の選択肢や学校情報の収集方法について2本のブログ記事を書きました。今回は第3弾として、実際に子どもが学校に入学してからのことを書いてみようと思います。

f:id:bangkoklife:20161120121907j:plain

 

bangkoklife.hatenablog.com

bangkoklife.hatenablog.com

続きを読む

バンコク・バンコク近郊の子連れスポットをご紹介②【バンコクから日帰り可・屋外編】

先日、「バンコクバンコク近郊の子連れスポットをご紹介①【エコノミー編】」というタイトルで、バンコクで出来るだけお金をかけずに子連れで遊べるスポットを記事にまとめてみました。

bangkoklife.hatenablog.com

今回は子連れスポットのご紹介第2弾として、バンコクから日帰り可能なおすすめスポット・屋外編、自然のなかで遊べる場所をご紹介します。

f:id:bangkoklife:20160818210131j:plain

 

 

続きを読む

タイ・バンコクの教育事情②(学校情報の収集について)

前回の記事で、日本人のお子さんがタイ・バンコクで小学校に通う場合、選択肢として考えられる学校をタイプ別に紹介させて頂きましたが、バンコクで実際に学校探しをする際に保護者の方が一番頭を悩ませるのは、学校についての情報をどうやって入手するか?だと思います。今回はバンコクで学校情報を収集するのに役立つ情報をまとめてみました!

 

f:id:bangkoklife:20160721205903j:plain

 

続きを読む

タイ・バンコクの教育事情①(小学校はどこに行く?)

家族(子連れ)で海外移住となると、頭を悩ませるのは子どもの教育について。

日本であれば小学生で進学先を悩むケースはあまり多くないと思うのですが、海外では居住する場所によっては学校の選択肢が複数ある場合が。タイ・バンコクもまさにそうで、日本人学校以外を選択したいと考える場合、学校選びの選択肢がとても多いんです。選択肢が複数あるのってありがたい反面、いざ決断しなきゃとなるとなかなか大変だったりします。

f:id:bangkoklife:20160715192015j:plain

そんなわけで、今回はタイ・バンコクの教育事情(小学校編)について私が知っている事柄を書いてみます。

 

続きを読む